味にうるさかった夫が1週間だまって食べる『制限食の宅配弁当』

あなたには、制限食が必要なご家族がいますか?

1人分だけ特別な料理を用意するのは、毎日だと本当に大変なことなんです。

私は夫のぶんをずっと手作りしていたのですが、いまでは宅配弁当に切替えたおかげで、だいぶ楽になりました。 

その経験をもとに、シニア向けや、糖尿病などの制限食の宅配サービスについて、いろんな会社を利用して比較した結果、とくにおすすめな会社をご紹介します。

糖尿病のわがまま夫でも毎日食べれる宅配弁当

これまでの生活習慣が原因とはいえ、1人だけ別な物を食べていると、物足りなく思えてきたり、さらには疎外感までも感じでしまうようです。

食べる方もこんな風に感じでしまう制限食は、作る側にとっても、時間をずらしたりなど本当に大変ですよね。

この両方の悩みを解決できると注目されるのが、管理栄養士が監修するレシピで宅配される『冷凍の弁当』なんです。

 

でも弁当を購入するようになってから、夫かは「味が薄い」「美味しくないけど、しょうがないから食ってる」などと言うようになりました。

たしかに野菜などは冷凍ですから、どうしてもシャキシャキ感は失われていますし、制限食なので濃い味付けになっているはずがありません。

レンジでチンするだけの弁当なので、夫も文句も言いやすくなったこともあるでしょう。

 

食事制限食の弁当を取扱う専門の業者も増えているので、いろんな所を試してみました。

宅配弁当は、カロリーや栄養素だけでなく、『味』がちゃんとしていないと、毎日続けることが嫌になります。

そして、『料金』も気になるところです。

 

この味と価格の点について、バランスが取れているおすすめな宅配業者をご紹介します。

 

食事制限用のメニューなら宅配弁当が便利

我が家ではヨシケイをずっと長く利用してきたので、夫が食事制限が必要となったときには、ヨシケイのヘルシーメニューを利用しました。

 

以前のヘルシーメニューは、小分けにされた食材が届くので、レシピを見ながら自分で3食調理するタイプのものでした。

栄養素を考慮しながら献立を考える、この手間が無くなっただけでもかなり楽だったのですが、3食とも手作りしなければならなかったのです。

ヨシケイから届けられたその日の夕ごはん、次の日の朝ごはん、昼ごはんと、これらを家族のメニューとは別にすべて手作りするとなると、その大変さが想像できると思います。

 

その大変さからか、ヨシケイでもヘルシーメニューのリニューアルが行われました。

新しいヘルシーメニューは冷凍の弁当タイプにかわり、レンジで温めるだけのものとなりました。

  • 値段は1セット2食入りで1,260円。1食あたり630円。
  • ワンプレートにメイン1品+副菜3品の合計4品のおかず
  • 弁当1個あたり:カロリー約240Kcal・糖質15g以下・食塩相当量2.0g以下

 

「お、これは良い」と思いさっそく注文しましたが、調理するわけではないので、味付けは自由にできなくなったものの、今までよりも圧倒的に楽になりました。

値段も今までと変わりません。

 

どんなお弁当が届くの?

カロリー240Kcal±10%・塩分2.0g以下・糖質15g以

1食あたり630円

配達されてこの値段なので、かなり助かります!

 

こちらはお弁当を温める前の写真ですが、おかずのみなので、かなりコンパクトです(16cm×22cm×27cm)

これが2食分届きます。

冷凍のままだと賞味期限は長いのですが、解凍してしまうと短くなるのでご注意ください(冷凍で保存すれば3ヵ月)

調理するのはレンジでチンするだけなので簡単です。しかも、穴をあける必要もなく、そのまま電子レンジで加熱できます。

写真を見ていただくと分かりますが、左右に小さな穴が空いていますから、そこから空気が出るような仕組みとなっています。

調理後はそのまま食べてもいいですが、お皿に移し替えるだけでも気分が違いますよ。

こちらは肉料理です。

こちらは魚料理ですが、メニューは栄養のバランスがとれていますので、献立も被ることなく飽きずに続けられそうです。

 

「弁当が美味しくない」「仕方ないから食べている」と言いながら我慢して食べていた夫が、最近は何も言わなくなりました。

やはり制限食は自分で調理するより、弁当が圧倒的に楽で便利です。

 

コメント