ヨシケイのヘルシーメニューを注文した主婦のレビュー

ヨシケイのヘルシーメニューがヘルシーミールとなり、より便利になりました。

ヘルシーメニューというのは、糖尿病の方が利用する食事制限用のメニューでしたが、今までのメニュー内容とは、かなり大幅な変更がありましたので、詳しく解説していきたいと思います。

公式サイトへ▶食材宅配のヨシケイ

ヘルシーミールとヘルシーメニューの違い

そもそも、今までのヘルシーメニューを知らないという人もいると思いますので、旧ヘルシーメニューを簡単に説明します。

ヨシケイにある16種類以上のメニューの一つで、メインカタログのすまいるごはんは入っていません。

ヘルシーメニュー専用のカタログとなっていて、食事制限を必要としている人が注文するメニューでした。

 

まず、新メニューとの大きな違いとして、これまでのメニューは、1人用の食事を、実際に自分で調理して用意するものでした。

自分で作らなければならないと言っても、そのほとんどの食材が温めるだけのものが中心でしたので、調理時間は15分程度と短かったのですが、一応自分で調理する必要があったのです。

食事制限をしている人のための物で、しかも一人分なので、届けられる材料は本当に一つ一つが細かく、点数も多かったです(例えば果物半分など)

これがヘルシーミールでは、冷蔵から冷凍タイプに変更となっています。

 

もう一つの違いは、食事の回数が3⇒2回分へと変更。

 

以前のメニューに2種類あった【ヘルシー2】と【ヘルシー3】という数字。

この2と3という数字は、ヨシケイや夕食ネットでいう「何人用」を表しているのではありません。

【夕・朝・昼】の3食なのか、もしくは【夕・朝】の2食分なのかの違いなんです。

これが新メニューでは、2食のみに統一されました。

 

実際に旧ヘルシーメニューの調理済みの画像がこちら

一見すると、食事制限用のメニューとは思えないようなボリュームがあり美味しそうです。

ですがこれを調理するとなると、たとえば高齢者の1人暮らしの場合であれば、なかなか大変だったと思います。

火も使いますし・・

 

新しく生まれ変わったヘルシーミール

冷凍の宅配弁当となってリニューアルされたヘルシーミール。

次のような弁当が届くようになりました。

弁当になりましたので、レンジでチンするだけで食事が出来上がるため、便利になりました。

1人暮らしのお年寄りにとっては、かなり楽になったのではないでしょうか。

 

そして値段も、ヘルシー2とだいたい同じ金額の、2食セットで1,280円となっています。

冷凍で賞味期限が5か月もありますので、ストックしておいて、いつでも好きなときに食べることができます。

栄養士監修のメニューは、1食あたり、カロリー240Kcal・食塩相当量2g以下・糖質15g以下となっています。

 

新メニューのデメリット

しかし便利になった反面、利用者にとっては、デメリットと感じるところもあるかもしれません。

それは次の点です。

  • 昔のヘルシー3のように一日3食分は無くなり、2食分だけしか選択できなくなりました。
  • 毎日のように入っていた果物が無くなったのも大きな変更点です。旧ヘルシーメニューには、よくバナナが入っていました。
  • 調理時間は短くなったが、同時に作る楽しみや手先を動かすといった動作をしなくなることの影響は分からない。

これらは、冷凍の弁当タイプになったので仕方ないことですが、生の野菜や果物が入らなくなったのは残念ですね。

そして、自分で手を動かして調理することは大切なことだと思います。

 

また、この新しい弁当タイプのヘルシーミールは、消費者庁認可の病者用食品ではないので、糖尿病の方が利用される場合には、まずは医師に相談する必要があるようです。

ヘルシーミールのレビュー

私は特に食事制限の必要はないのですが、そんな私がこのメニューを食べてみたらどう感じるのか?

注文してみましたので、その感想を書きます。

ヨシケイのボックスに、写真のような弁当が2つ入れられて届き、凍った状態です。

 

ここからが私の感想です

  • 電子レンジで加熱しますが、温まる箇所にムラがあるため、いつまでも冷たい部分もあれば、熱々で触れない所もあり。これで大丈夫だと食べてみたら、まだ冷たい部分がありました。
  • 量にしては、シニアの方が利用すると考えても、十分すぎるのではないかと思います。それは、メインのおかず以外の料理に関しても、味がしっかりしているために、ごはんが進むからです。
  • 注文する前は「薄味なんだろう」と思っていたのが正直なところ、言われるまで食事制限用の弁当だと気付かないぐらいの味でした。

 

以上が新しいヘルシーミールの解説でした。

冷凍タイプとなって、今の時代の流れである時短メニューで便利になりましたが、メリット、デメリット両方考えられるようです。

 

コメント