ヨシケイの「鍵付きの箱」で留守でも安心

『うちは共働きだから、ヨシケイの食材を安心して受け取れない』

でも、そんな心配は要りません。

ヨシケイには、あんしんBOXがあります。

ヨシケイが提供するあんしんBOXとは?

玄関先に、写真の様なボックスが置いてあるのを見たことがありますか?

箱の前面にはヨシケイと書かれています。

 

ヨシケイと言えば、食材宅配として有名なので、箱の中には食材が入っているのだろうと想像が付きます。

しかし、この謎の箱を置いている家庭と、そのまま玄関先におなじみの青い発泡スチロールの箱が置いてある家庭とがありますよね?

その違いについてご紹介いたします。

 

  • どんな人がこの謎の箱を利用しているのか?
  • どうしたら利用できるのか?
  • 利用料はかかるのか?

これらについても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

あんしんBOXを置く理由

この箱の名前はあんしんBOXといいますが、他にも留守番ボックスや安心ボックスなどと、地域によって別な名称で呼ばれています(ヨシケイは全国にFC展開する企業ですので、地域によって運営する会社が異なります)

箱のサイズは、高さ60cm、幅44.5cm、奥行42cmとなっており、ヨシケイのセットボックスが3箱入る大きさということで、結構おおきく目立ちます。

 

このあんしんBOXは、ヨシケイや夕食ネットを利用している人が借りることができるのですが、その主な目的は【いたずらの防止】や【雨風を防げる】ことです。

利用することで、名前のとおり安心感が得られます。

 

そのため、箱の前面には鍵穴が付いていて、配達してくれるヨシケイのスタッフと、お客さんの持っている鍵で扉を開け閉めができるようになっているのです。

ですから、誰かが勝手に箱を開けることはできません。

これにより、共働きで日中家にいない人でも、安心して食材を受け取ることができるようになりました。

その他、家には居るけど夜勤をしていて日中は寝ている人で、ヨシケイのスタッフに起こされたくないという場合や、

いつも家に居るけど、出かけるときでも安心して受け取りたいという方にとって、便利なシステムです。

 

また、新しいメニューやカタログを持ってきてくれる時にも、雨風で濡れてしまうことがありません(いつもは発泡スチロールのボックスの上に、メニューやカタログを置いていくのです)

さらに翌日にカラの箱を返却する際にも、手渡しできれば良いのですが、日中留守にする人の場合、玄関先に空箱を置いていくことになります。

風の強い日などは、フタが飛ばされてしまったり、箱自体も発泡スチロールで軽いので、転がってどこかへ行ってしまう可能性もあります。

この箱が飛ばないように、重しをのせたり、何かで押さえたりといつも苦労するのですが、そんな時でもこのあんしんBOXがあれば、まったく心配いりません。

あんしんBOXを利用したい場合

あんしんBOXを利用するには、まずはスタッフに利用したい旨を伝える必要があります。

日中留守にすることが多い方は、直接担当する営業所に電話しても大丈夫です。

また、地域によっては、インターネットでも申し込むことができます。

 

するとスタッフが、あんしんBOXの申請用紙を持ってきてくれるので、それに必要事項を記入し、次回の配達のときにでも手渡せばOKです。

利用する場合の注意点

あんしんBOXは無料で利用することができますが、注意事項もあります。

まず、無料で借りれるといっても、最初に保証金がかかります(地域によって金額は異なりますが、BOXの返却時に帰ってきます)

しかし借りている物ですから、ヨシケイを止めた場合には当然に返却しなければならないです。

 

使用上の注意としては、箱の上に物をのせて使用することはダメみたいです。

また、カギを紛失した場合には、合い鍵を作る際の金額を請求されることがありますのでご注意ください。

以上が安定ボックスの紹介でしたが、ヨシケイや夕食ネットを利用するには、とても便利な箱となります。

なお、夕食ネットを利用している人の場合は、カード支払いのため集金もありませんから、いっさい担当者に会わなくても済むので、その方が良い方にもおすすめです。

 

コメント